酵素ドリンクに置き換えて1日2食を9日間続けてみたまとめ

今回、初めて酵素ドリンクを飲んで、どの時間帯やどんな状態が効率よく酵素ドリンクを摂れるのかを試してみましたが、効率よく摂るという事よりも自分の中でも面白い変化があり、考えさせられることも多かったです。

酵素ドリンクを摂るのは目的の違い

まず第一に、効率よく摂るというのは自分はどんな目的で酵素ドリンクを飲むのかというのをしっかり理解していると良いかもしれません。
最初の方に記載したかもしれませんが、健康維持なのか美容なのかダイエットなのかで飲み方も変わります。

基本的に酵素ドリンクを飲む場合、お腹が減っている状態、お腹の中に食べたものがない状態が一番効率よく摂れるのですが、今回1日1食を置き換えるという事にチャレンジした私は、簡単なものではありませんでした。
いつも1日2食の方からすると平気なのかもしれませんが、我慢という事を超え、慣れるということが必要になるとも感じました。

これは、置き換えるというファスティングをした場合です。例えば栄養補給のプラスαで通常の食事に加え飲むのであれば、少々お腹が減っているときなどが良いと思います。

ファスティングは計画も必要

今回1日の、朝、昼、夜を3日間ずつ置き換えてみましたが、効率的なファスティングであれば夜だと思います。しかし一番つらかったのも夜です。これは個人差もあるでしょうから、試してみると良いかもしれませんね。
また、私が1日1食のファスティングをしたときは、何日目に夕食の置き換えでファスティングを行う。というのを把握して、仕事上での食事会やミーティングなどがない時期を選びました。
気持ちが負けてしまうと思ったからです。

私のように1日1食であればそれほど気にしなくてもいいのかもしれませんが、本来大切なのは、ファスティングを行うという事と、その後の食事にも気を付けないといけないという事です。
なので、わたしは1日や数日のファスティングを避けていましたが、慣れてきたので、ファスティング明けの食事も考えてやってみようかとも思っています。

そこにはやはり、計画も必要だと感じています。ファスティング明けにいきなりお酒やドカ食いは元も子もないでしょうから。

酵素ドリンクは薬ではありません。ですので、飲み始めて様々な効果を感じ始めるのには時間がかかるでしょう。飲み方の違いにもよるかもしれませんが、早く結果を出したいからと言って無理は禁物です。
少しずつ慣れて行くのが良いと今回感じました。